地域に寄り添い、

想いを届ける会社でありたい。

ホームページのTOPへ

弊社に関わるすべての皆様へ

25年前に赤帽荷物運送から始め、そして6年後、法人成りに併せて現所在地に移転し、時の流れはこんなにも早いものかと痛感いたしました。
74歳という歳が25年の年月が過ぎている事実を唯一理解させてくれます。

来る2020年4月、HP新設にあたり挨拶原稿を依頼された事から、当時の状況や雰囲気、そして自分の姿を俯瞰して見てみる機会となりました。挨拶として適当かといえば甚だ疑問は残りますが、形式張ったありきたりの挨拶文より、今日に至るまでの様々な出来事を振り返り、心に浮かんだ気持ちをそのまま表題としてお届けしようと思います。

人とのめぐり合いを大切にして、そのチャンスを生かせた事と決断が私には幸運なことでした。
日々大小に関わらずすべての出来事に一喜一憂しながら過ごしたあの頃、会社こそが私のすべてだと24時間365日、頭のてっぺんからつま先まで《宝持運輸》でした。

全身全霊という言葉がぴったりで、ある意味充実した日々だったと思うのですが、今は雨の日や向かい風の強い日には、無理をして前へ進まなくても立ち止まって周囲を見渡してみることや再び歩み始めるときに一歩一歩を力強く踏み込めるように、休息により鋭気を養うことも覚えました。

荷主様、関連業会社様、社員の顔ぶれ、経営方針や方向性とありとあらゆるものが変わっています。しかし全く変わらないものもあります。私は創設から現在に至るまで社員たちにずっと変わることなく支えてもらっているということ。その支えがなければ絶対に今はありません。
今後もきっと一切変わることなく私を、そして宝持運輸を支えてくれるだろうわが社の社員の存在は、まさに「宝持運輸」という冠そのものです。
そしてわたしにとってもかけがえのない宝物であり、誇りとなっています。

宝持運輸株式会社に関わるすべての皆様、心から感謝しています。
ありがとうございます。
これからも末永く、宜しくおねがいします。

代表取締役
三島 康功

ContactUs CONTACT ContactUs 0852-53-0333
24時間受付対応可